アシアナ航空 OZ3365便 北京ー金浦 ビジネスクラス PEK-GMP

往路は仁川から北京に飛びましたが帰りは金浦へ向かいます。機内食は美味しいと評判のビビンパをいただきました。

 

 

 

 

 

 

広大な北京首都国際空港

 

オリンピックも開催された北京。空港はとても広大できれいでした。

チェックイン後、自動運転の列車でターミナル3へ向かいます。

 

 

朝食は空港内のレストランで

 

宿泊したヒルトン北京王府井でバフェを食べても良かったのですが、早起きも嫌だったのっで空港に着いてから朝食をとりました。広大すぎる空港でラウンジへ行くのも面倒だったのでレストランへ。Cafe Sambal(カフェ サンバル)というマレーシア料理屋が近くにあったので入ってみました。

 

メニューは中華寄りのものが多い印象でした。

味はこんなものか程度ですね。機内食も出ますのでほどほどにしておきました。

 

 

搭乗、機内へ

 

 

往路同様、機材はA330-300でシートは短、中距離なら問題ないものです。この便も空いておりビジネスクラスではエンジン音だけが聞こえてくる最高の環境でした。

 

 

機内食は好評のビビンパ

 

機内食は洋食(肉と魚)、韓国食の3種類からの選択でした。以前からブログやら口コミサイトでアシアナ航空のビビンパは美味しいと目にしていましたので、せっかくですので選んでみました。

 

味は良かったのですが、豪華さというか、ボリューム的にも少し物足りないかなぁという感じです。短距離路線ですから十分ですかね。

 

 

金浦空港到着

 

金浦空港到着後は外に出る時間の余裕がなかったため乗り継ぎとすることにしました。乗り継ぎの人達だけ集められ係員の先導のもと灰暗い通路を進み、1レーンだけある手荷物検査を通過、出発待合所に到着です。

数店舗だけの免税店でも特に買うものはなく、椅子に座って日本行きの便を待ちました。金浦空港ではラウンジが出国前ですので不便ですね。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 




ブログランキング・にほんブログ村へ  

コメントを残す