宮島観光 (3) もみまん、牡蠣に穴子飯・・・宮島グルメを堪能

厳島神社参拝のあとは宮島グルメを堪能します。お店も沢山あり迷ってしまいますね。

 

 

 

 

 

 

厳島神社の参拝を終えると時刻は11時。お店が混み始める前に昼食をとろうと途中食べ歩きをしつつウロウロします。

 

まずは作り立てのもみじ饅頭をいただきました。もみじ饅頭といえばにしき堂が有名ですが、宮島にある色々なお店で作られています。今は商標権が切れているそうで、どこかが独占して作っているわけではないんですね。

 

宮島といえば牡蠣!ということで、焼牡蠣をいただきました。これも至る所で売られています。生牡蠣は見かけなかったような気がします。

 

昼食をいただくお店は店の雰囲気と人の入り具合でいな忠に決めました。テーブル席のほか、奥に座敷席があり今回はそちらに通されました。

 

注文したのはうどん、天ぷら、あなごご飯がセットになった清盛定食(1800円)。そしてカキの唐揚げ(900円)。

あなごご飯(あなごめし)は穴子がふっくらして美味しく、単品でも満足できそうな味わいでした。カキのから揚げは、フライや焼いたものとはまた違い、ふっくらジューシーでした。

 

広島・宮島グルメを堪能し、この後は再びフェリーで宮島口へ向かい、広島駅へ戻りました。

 

 
 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 




ブログランキング・にほんブログ村へ  

コメントを残す