中国国際航空 CA969便 北京ーシンガポール ビジネスクラス PEK-SIN

ANAプラチナ取得のためのエアチャイナでのシンガポール修行。北京首都国際空港では乗り継ぎに時間があったため一時入国しすぐ出国。ラウンジでくつろいだ後はいよいよフルフラットシート搭載のA330に搭乗です。


  



中国国際航空 CA184便 羽田ー北京 ビジネスクラス HND-PEK
今年も早くもあと少し、SFC修行も佳境となってきました。先日エアチャイナのビジネスクラスを利用してシンガポールタッチをしてきま...

 

出発はやはり沖止め

 

北京首都国際空港は広大なためバスで移動できる沖止めも悪くない気がします。ビジネスクラスの乗客向けにマイクロバスを用意してくれています。しかしこの日は1台のみでしたので遅く来た方は一般のバスに回るよう流されていました。マイクロバスは立ち乗り不可のようです。

地上で間近に見る大型機はすごい存在感です。

 

 

機内へ

 

席に着くとすぐフライトアテンダントさんがおしぼりとウェルカムドリンクをもってご挨拶に来てくださいます。そしてスリッパをあけてくれます。

 

シートの様子を多めに写真撮ってきました。

本当は窓側に座りたかったのですが、隣に人が来るといくら広いシートで隣との間にはパーテーションがあるとはいえ、快適さは下がるので、あまり人気のなさそうな真ん中の列を指定しました。この日はいくらか他人同士隣になるところもありましたが、2列を1人ずつで使うといった感じの空き具合でした。

ドアクローズはほぼ定刻でしたが離陸するまでに時間がかかり30分以上の遅れで北京を後にしました。

 

しばらくすると減光されシェードもおろされるようになりましたので、フルフラットにし布団をかけてしばしの睡眠。



機内食は野菜食を選択

 

中華か洋風かでメインを選択肢からチョイスといったかんじ。メニューは下の画像をご覧ください。

 

羽田のANAラウンジ、羽田~北京の便、北京のエアチャイナのラウンジとずっと食べ続け、飲み続けかつ、ほぼ座っているだけなのでお腹はあまり空かず、野菜料理を選択しました。

 

まずはシャンパンとナッツからスタート。塩気の効いたナッツはおいしいです。ついつい手が出てしまいます。

 

続いては前菜とサラダです。前菜の横にも葉っぱがありますので、サラダはいらないような気もしますね。飲み物はビールに変えました。

 

メインはれんこん、ニンジン、ブロッコリーの炒め物です。塩味でいいおつまみになりました。星形に切られたニンジンがかわいらしいです。

 

食後はチーズとフルーツをいただきました。もう満腹です。

 

 

遅れ取り戻せず・・・

 

  

食事中も減光されたままでしたので食事を終えたらまたひと眠り。起きたところでコーヒーを持ってきてもらいました。

21時40分頃チャンギに到着予定でしたがなんと着陸は23時ころ。遅れを取り戻すどころか余計に遅れてしまいました。チャンギでは翌0時すぎの折り返し便にすぐ搭乗しなければならず一人そわそわ。ドアオープンした時には折り返し便出発の50分前でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

コメントを残す