システム障害で欠航になったのでANAに立替費用精算書を送った

3月22日に発生したANA国内線のシステム障害に巻き込まれ、搭乗予定の便が欠航。結局在来線と新幹線を乗り継ぎ帰京しました。その際の代金の立替払い分の精算を行いました。

 
 



 

先日発生したANA国内線システム障害。私は関空から羽田へのANA990便を予約していましたが、影響を受けて欠航に。結局、特急はるかと新幹線のぞみを利用して東京へ向かいました。

ANA国内線システムトラブルに巻き込まれた!
何気なしにスマホを見ると、画面にはANAアプリからの通知で「欠航」の文字が。晴天で風もないので、まさか誤表示かと思いましたが・・・...
全日空 ANA990便 関空―羽田 もとい 特急はるか86号&のぞみ232号 関西空港ー新大阪ー品川
運悪く巻き込まれたANAシステム障害。SFC修行の身としては機会さえあればANAに搭乗したいわけですが、今回は時間の都合そして、確実...

 

空港では、パンフレット(立替費用精算書一式)を渡され、後日精算と案内を受けました。

 

そこで、今回は、ANAの事由による欠航についての変更および払い戻しについてを確認してみます。

まずは、ANAのサイトをチェック。

変更および払い戻しについて

  • ・機材故障など、ANAの事由によりご予約便が遅延・欠航した(する)場合は、変更または払い戻しを承ります。
  • ・お手続きはご予約便出発予定日の翌日以降も承ります。ご予約便出発予定日より10日以内にお手続きをお済ませください(パッケージツアー・団体旅行は除く)。
  • ※ 認証コード(ANAマイレージクラブお客様番号、確認番号、購入時に使用されたクレジットカードのいずれか)のご提示が必要です。

ということで、急いで手続きをする必要があります。

今回は、他の交通機関への変更に進みます。

 

他交通機関への変更に際して

ポイント1

航空機以外の定期公共交通機関(新幹線・バスなど)へ変更される場合は、航空券との差額はANAが負担いたします。

  • ※お持ち航空券の「出発空港~到着空港間」以外の交通費は、負担できません。

※乗車券・特急券のみの負担とさせていただきます。

ポイント2

運賃の差額は、後日ご精算ください。ご指定の口座へお振込みいたします。

  • ※ご精算には、領収書が必要となります。

代替交通機関のほうが、購入した航空券代金より安ければ払い戻し、高ければ差額をANAが負担してくれます。

 

以下の航空券については、払い戻しではなく、公共交通機関の運賃額全額をANAが負担することになり精算をすることになります。

  1. 特典航空券
  2. 国際線航空券(国際線から(へ)の乗り継ぎとして購入された国内線の航空券)
  3. パッケージツアー/団体旅行

 

精算方法は、前述したパンフレットを使うか、同じものがANAのサイトに用意されているので、印刷をして使うかになります。

予約便出発予定日(欠航・遅延発生日)から10日以内に「立替費用精算書」と以下のものを同封し、ANAへご郵送ください。ご指定の口座へお振込みいたします。

送付先

ANA成田空港支店立替費用精算窓口

送付物

  1. 振り替え便などの搭乗を確認できるもの(搭乗券など)
  2. 諸費用分の領収書(コピー不可)
    ※ 郵送された領収書などは返却できません。

ご注意

ご精算いただけるのは「機材故障などが理由の振り替え」に伴う諸費用のみです。
「悪天候などが理由の振り替え」に伴う諸費用は負担いたしかねますのでご了承ください。

 

今回は、他の航空便ではなく電車への振り替えのため、切符は手元に残らなかったので、立替費用精算書に記入し、領収書、そして念のため、ANA SKY WEBから予約情報を印刷して同封しました。

 

10日~14日ほどで返金されるということなので、また追ってお知らせいたしますね。

 

 
【追記】無事振り込まれました。

ANAから立替払い分が振り込まれた
3月22日に発生したANA国内線のシステム障害の影響で、予約していた便が欠航。在来線・新幹線を乗り継いで大阪から帰京しましたが、...

 


 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

システム障害で欠航になったのでANAに立替費用精算書を送った」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「その向こうへ行こう」 | 飛行機が欠航になった場合の振替・補償について

コメントを残す